“EGGSPLOSION” — にわとりがさきかたまごがさきか

August 19th, 2013 | Tags:

石川美樹、金子紗織、リチャ-ド・ヴェルツ、マリック・アイバ-ト

– – – – – – – – – – –  – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – – –

2013年7月26日-28日

7月26日(金)13:00-23:00
オープニング 19時〜
20時〜 E&Wミュージックセッション (Marek Eibert und Richard Welz)

7月27日(土) 13:00-23:00
18時〜 Spieleabend
20時〜 E&Wミュージックセッション (Marek Eibert und Richard Welz)

7月28日(日)13:00-18:00

IMG_0460

IMG_0464 IMG_0466 IMG_0467 IMG_0472 IMG_0475

20130726-web

グル-プ展 「EGGSPLOSION」-たまごがさきかにわとりがさきか-

この展覧会はドイツと日本との文化の交流とコミュニケ-ションを深めることを目的とし

たインタ-ナショナルなメンバ-によるグル-プ展です。

私たちの日常の生活には、今、社会的に決断しなければならない多くの物事があります。

例えば、良く語られている原子力エネルギ-に変わる、「新しいエネルギ-の確保」。新

しく市場に流通される、「健康」と謳われている食品。それらは、最良のものだと考えら

れています。しかし、これらの判断が本当に良いものなのか、それが、近い将来何をもた

らすか、誰にも負かりません。

私たちのグル-プ展「EGGSPLOSION -たまごがさきかにわとりがさきか- 」

この展覧会は 今の私たちの判断が、近い将来に何を生み出すか分からない、「社会の縺

れ」「未来への問い」を異なった方法で表現します。

石川美樹はタマゴから連想する「誕生」「再生」「新しいスタ-ト」に対するイメ-ジを

制作します。それは彼女が画家として、また、日本で生活する一人の女性として直接、

「女性から見た社会的問題点」と結びついています。

金子紗織の主題は、「大量エネルギ-消費」「電気機器に依存した現代の生活」です。こ

れらのテ-マを「光を使ったインスタレ-ション」で表現します。

リチャ-ド・ヴェルツは、日本のエキゾチックな、インスタント食品のパッケ-ジに魅了

され、このパッケ-ジを「大量生産のメッセ-ジ」になぞらせ、ドキュメンタリ-として

表現します。

マリック・アイバ-トのテ-マは「人間と自然関係を弁証法」です。これを平面の作品で

表現します。

2013年7月26日のオ-プニングではリチャ-ド・ヴェルツとマリック・アイバ-

(E&W SESSIONS)による、 シンセサイザ-と日常の音を組み合わせたコンサ-トを開

催します。

また、7月27日には、日本のカ-ドゲ-ムで皆様と交流を図りたいと考えています。

皆様のお越しを一同、心よりお待ちしております。

石川美樹、金子紗織、リチャ-ド・ヴェルツ、マリック・アイバ-ト



>> Previous post:
>> Next post: